お~いお茶裏ばなし

伊藤園公式アカウント「お~いお茶裏ばなし」です。ナビゲーターのお茶実が、歴史や商品開発にかける想いを発信します。とどけ!お茶のチカラ。

お~いお茶裏ばなし

伊藤園公式アカウント「お~いお茶裏ばなし」です。ナビゲーターのお茶実が、歴史や商品開発にかける想いを発信します。とどけ!お茶のチカラ。

    記事一覧

    「お~いお茶」が生まれた日。商品名とパッケージについてのおはなし。【#開発裏ばなし】

    伊藤園を代表する商品「お~いお茶」。実は、「お~いお茶」が誕生するまでには、10年以上の開発期間と、日の目を見ない日々に苦悩した4年もの歳月がありました。 本日は…

    伊藤園 公式note「お~いお茶裏ばなし」はじめます。

    新しいことにチャレンジする。 それは、今も昔も変わりありません。 企業が成長する華々しい表舞台の話は多いと思いますが、 その陰で、社員達は何を感じ、何に悩み、何を…

    「お~いお茶」が生まれた日。商品名とパッケージについてのおはなし。【#開発裏ばなし】

    「お~いお茶」が生まれた日。商品名とパッケージについてのおはなし。【#開発裏ばなし】

    伊藤園を代表する商品「お~いお茶」。実は、「お~いお茶」が誕生するまでには、10年以上の開発期間と、日の目を見ない日々に苦悩した4年もの歳月がありました。

    本日は、そんな「お~いお茶」の商品名と、パッケージデザインについての裏ばなしをお届けします。

    1984年 世界初の緑茶飲料「缶入り煎茶」を開発するも・・・
    さまざまな課題を解決し、緑茶を飲料化したは良いものの、お茶は家でタダで飲むものという

    もっとみる
    伊藤園 公式note「お~いお茶裏ばなし」はじめます。

    伊藤園 公式note「お~いお茶裏ばなし」はじめます。

    新しいことにチャレンジする。
    それは、今も昔も変わりありません。

    企業が成長する華々しい表舞台の話は多いと思いますが、
    その陰で、社員達は何を感じ、何に悩み、何を夢みたのか・・・。
    そのような視点で、「お~いお茶」の舞台裏を紐解いていきたいと思います。
    イチ会社員達の、孤軍奮闘するその姿を、はたまた、ど直球に立ち向かっていく姿は、どこかしら、ご自身の今に重ねられる方もいらっしゃるかもしれません。

    もっとみる